文法事項については、一通り要領よくまとめられており、解説も要を得ていてよい。例文も豊富。ただしほかの高校生向け参考書と比べて飛びぬけて優れているわけではない。デザインは見やすく落ち着きがあり、装丁も参考書としては高級感を感じさせる。値段は標準的な高校生向け参考書の約2倍の¥3675。研究社としてはあえてこうした差別化をはかっているのだと思われる。購買層としては高校生に限らず一般も意識しているようだ。ただ実際にその戦略が成功しているとはとても思えない。

大学受験に利用するということを考えると、やはり『総合英語Forest』や『ロイヤル英文法』が定番であり、つくりもしっかり知っている。ややマイナーでは古くはあるが『英文法解説』も優れている。新しく意欲的なものとして『英文法ビフォー&アフター』もお奨めである。

まとめると、

  1. 内容はそこそこよい。解説も要を得ている。
  2. レイアウトも考えられており、索引もよく整っている。
  3. 高めの値段設定。ほかの文法書が2冊は買える。

よほど入れ込まない限り、ほかの文法書と問題集を買ったほうが現実的である。あるいはちょっと上乗せしてほかの文法書と辞書を買ったほうがよいであろう。よい文法書だが、飛びぬけて優れているわけでもない。

参考:宮川幸久・林龍次郎編『アルファ英文法』

スポンサーサイト:自作PC

広告